ピアノ調律

ご愛用のピアノをより長くお使いいただくために、みなさまが、より気持ちよく演奏できるように、年に1~2回の調律をお奨めしています。

chouritsu_btn_03
chouritsu_image_01

なぜ、調律が必要?

  • ピアノの弦は1本平均90kgという強い力で貼られています。そのため、たとえピアノを弾かなくても、時間が経つにつれて、次第に弦が伸びていき、音程が乱れてきます。
  • 正しい音で弾いていただくためには、少なくとも1年に1度は定期的な調律が必要です。
  • 特に新しいピアノは、1~2年ほどの間の弦の伸びが大きいので、年に2回ぐらいは調律しましょう。

ピアノ調律には、主に「調律」「整調」「整音」 の3つがあります。調律師は、これらを調整しながら、ピアノを気持ちよく演奏できる状態を作り上げています。

調律

ピアノは88鍵の鍵盤と230本の弦で、音を奏でます。その1音1音の音律を合わせる作業を調律(チューニング)と呼びます。バイオリンやギターのチューニングと同じように、音をよく聞きながら、弦を締めたり緩めたりする作業です。弦に繋がった230本のチューニングピンを専用の工具で回し、それぞれの音がぴったり合うように微妙な調整をします。

chouritsu_image_02
chouritsu_image_03

整調

心地よいタッチを得るために、アクションやペダルを調整します。
鍵盤の高さを均一にし、88鍵の鍵盤の動きや同じタッチによる音の強弱を揃えます。

chouritsu_image_04

整音

美しい音色を作るために、ハンマーの状態を調整します。
ピアノを長い間弾き続けると、弦を打つハンマーが硬くなり、音色が硬くなります。そんなハンマーに針を刺し、音を和らげます。

chouritsu_image_05

調律料金

定期的な調律は、時間が経つにつれ変化する音律やタッチ、音色を整えるためのピアノの総合的な健康診断としてとても大切です。

アップライトピアノ グランドピアノ
1年1回の定期調律 13,000円 15,000円
一般調律 15,000円 18,000円

※表示価格は税抜き表記です。技術料・出張料を含みます。

修理料金

ピアノは、使用による摩擦や環境の変化により、自然に部品の劣化・故障を招いてしまいます。定期調律で劣化や故障が分かったときには、修理や部品交換をご検討ください。

故障 劣化の状況 料金
鍵盤部分 ヒビ割れにご注意。ケガをする前に直しておきましょう。 1鍵¥5,000~張替可
アクション部分 トリル、連打がしづらい場合は、スプリングコードの交換時期(寿命の目安は20年)。 スプリングコード 全鍵¥40,000
ハンマーの状態 「キンキン」「ペタペタ」が気になる方はファイリングを。 ファイリング 全鍵¥15,000
弦の状態 サビが発生すると切れやすくなります。早めのサビ除去を。 サビ除去 ¥3,000~
ペダルの状態 ペダルの「黒ずみ」、気になりますよね?磨いてピカピカに。 ペダル磨き ¥3,000

※表示価格は税抜き表記です。

クリーニング&無料点検

♪ 実家にあるお母様のピアノをお子様が使えるようにしたい
♪ 新築を機にピアノをきれいにしたい
♪ 嫁ぎ先へピアノを持って行きたい
♪ 長い間調律をしていなかったが、このまま使えるかな?
 今調律をするといくらかかるのかな?

そんな皆様には、ヤマハ技術者がお伺いし、無料点検を行います。
ピアノの移動、保管のご相談も承ります。

関連情報

※ 消費税率引上げに伴う価格表記の変更作業中の為、税抜表記と税込表記が混在しております。
ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

お問い合せ・予約

第一楽器 ピアノ工房
ピアノ技術に関するお問合せ ・ 調律のご予約等、どうぞお気軽に、お問合せ下さい。

kaitori_image_03